長野県建設業協会松筑支部


17.08.22 現場技術研修会(飯田市「天龍峡大橋(仮称)」)

長野県土木施工管理技士会松筑支部主催で現場技術研修会を行い、技士会役員・会員など約30名の

技術者が参加しました。

今回の研修現場は、飯田から静岡県浜松へと結ばれる三遠南信自動車道の「天龍峡大橋(仮称)」で、

1ヶ月前(7月末)にアーチ中央が閉合され、アーチ部が完成した状態でした。

これから、上部工・橋桁部分の工事が始まるとの事です。

同橋は、橋長280m、高さ80m、車道幅12mの鋼製の上路式アーチ橋で平成30年度の完成予定。

完成後は、地上80mの車道下に設けられる遊歩道からは天龍峡の雄大な自然を見下ろす事ができるそう

ですので、今から完成が楽しみです。

ホームページ→「天龍橋大橋


橋1

橋2

アーチ

 

PageTop

上のボタンかブラウザの閉じるボタンで閉じてください。